こんなの初めて! 大都会の真ん中で非日常アトラクションを楽しめるスポット3選

1.スパイになりきる!本格諜報アトラクション in SPYre

眠らない街、新宿歌舞伎町。子供連れには一見縁がなさそうなそんなこの街に、子供から大人まで確実に満足できる素晴らしいアトラクション施設があります。
それがin SPYre(インスパイヤ)。ミッション遂行型の本格的なスパイ体験ができるんです。

廃倉庫に潜んだ敵が密かに計画する悪事をミッション遂行しながら阻止していくという設定。歩いて進む館内はビルの中にも拘わらず思わずパパもママも童心に帰ってワクワクしてしまうようなリアルな世界観が見事に表現されていて本格的。「ミッション」といっても頭を使えば良いだけでなく体力、運までも味方につけないと遂行できない仕組み。スタッフ扮する施設内の敵や味方スナイパーに話しかけてヒントを得たり、突如襲って来る罠をすり抜けたりと、親子で全力で挑むスパイ活動。経験したことのないスリル満点のアトラクションに子供たちだけでなく大人も大満足間違いなし。交通の便も良く雨の日でも楽しめるおすすめスポットです。

2.海外でも大人気! 仮想現実アトラクション体験 VR ZONE SHINJUKU

こちらも歌舞伎町にあるVR、つまり仮想現実を楽しめる、他にはない最先端のアトラクションが楽しめる施設です。装着したヘッドセットから映し出される映像が、私たちの視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚といった五感を刺激しあたかも自分がこにいるようなリアルな感覚が楽しめるVRの世界。VR ZONE SHINJUKUには13種類ものVRアクティビティーがあり、どれも楽しめるものばかり。

誰もが知っているマリオカートで競争したり、迷い込んだジャングルで大迫力の恐竜から逃げるサバイバル体験、大自然の中をさわやかにサイクリングするものなどバラエティーに富んでいます。全てはVRの世界。ヘッドセットの映像だと分かっていても目の前に広がる世界はあまりにリアルでその不思議な魅力に思わずハマってしまうこと間違いなし。忙しい日々からのちょっとした現実逃避にママ友同士で行くのもありかもしれません

3.大人も一緒にまいごになろう、三鷹の森ジブリ美術館

最後は新宿から電車で約20分の距離にある三鷹の森ジブリ美術館。あの繊細なジブリの世界観が楽しめる美術館です。館主は宮崎駿監督、建物も施設内も宮崎駿監督のデッサンをもとに再現されていて、さすがジブリの世界そのもの。コンセプトは「まいごになろうよ、いっしょに」。

なんともママのココロをくすぐるキャッチコピーだけあって、ここはやはり母娘の来園者が多いよう。そして実は可愛らしい館内は全て撮影禁止。せっかく外観や素敵な世界観を写真に納めてSNSにアップしたかったのに!そうがっかりしないでください。NGの理由は「ジブリ美術館は物語の入り口。物語の主人公になるにはカメラを向けるのではなくこの空間を自分の目でみて体で感じてください。そして思い出を心の中に大事にしまって持ち帰ってほしい」という宮崎駿監督の想いからなんだそう。ジブリ美術館でのママと娘の大切な瞬間。スマホの中ではなくお互いのココロの中に大切に納めておくこともデジタル化しすぎた現代に必要なことかもしれません。誰にも見られない母と娘二人だけの素敵な時間と思い出、ジブリ美術館で作ってみてはいかがですか?

次の記事

家族で楽しむアクティビティ10選

Related Hotels and Guides

Top