オーストラリアのレッド・センターの中心地

オーストラリア人からは「アリス」や「ザ・アリス」などと呼ばれているアリススプリングスは、ノーザンテリトリーのレッド・センターの非公式の州都であるとともに、世界最大の一枚岩であるウルル(エアーズロック)への玄関口でもあります。この小さな町は、アボリジニのアランテ族が住む地域の中心部に広がっており、周辺の内陸地域を探索する拠点として最適です。野生のラクダやカンガルー、そして砂漠のゴルフコースとしては世界最高級のアリススプリングス・ゴールドクラブなど、この地域には固有の文化や自然の魅力があふれています。

  • ホテル

このガイドをシェアする

Top