茶畑が背後に広がる、近代的な大都市

かつては「ジャワのパリ」として知られたバンドンが現在のような発展を続ける大都市となったのは、20世紀になってからです。1945年にインドネシアがオランダからの独立を勝ち取ったことがきっかけでした。それ以前は、インドネシアの西ジャワ州郊外に点在する茶畑を所有する富裕層向けの行楽地でしたが、現在では、青々とした茶畑に囲まれた、カルチャーやサプライズに溢れる街となっています。歴史的な建築物、格安のショッピングスポット、素晴らしい料理はもちろん、活火山まであります。

  • ホテル
  • Foursquare

このガイドをシェアする

Top