壮大な新首都

ミャンマーの政権を担っていた将軍が2005年に首都の移転を決定した時点では、ネピドーはまだ存在しませんでした。将軍は、植民地時代からの首都であるヤンゴンから約320km北にある、みすぼらしい広大な土地に目を付けました。そして、早速建設を始めます。管理の行き届いた庭園(キッチュな催事場付き)、巨大な金のパゴダ、新たな国立博物館、そしてロイヤル・ミャンマー・ゴルフクラブなど、その内容はまさに超現実的としか言いようがありません。ここには、首都と聞いて通常連想するような熱狂的なアクティビティは一切なく、非常に静かでユニークな場所となっています。

  • ホテル
  • Foursquare

このガイドをシェアする

Top