アジアの庭園都市


絶え間なく変わりゆくシンガポールは、何度訪れてもいつも何か新しい発見がある街です。

歴史ある建物からローカル料理までシンガポールの人々はその伝統を大切に守っていると同時に、どこを見ても常に何か新しいことが起こったり、改善されたり、グレードアップされたりしています。そのことこそが、旅先としてのシンガポールの魅力です。街の移動はしやすく、目の前に広がる眺望も、絶え間なく聞こえる音も、何気ない風景も変化に富んでいます。

  • ホテル
  • Foursquare

世界の料理を味わう

最初にすべきこと:シンガポールの旅で、一番大切なポイントはグルメです。中国、インド、マレーなど、多様な文化がこの街の中で融合し、独創的な料理を生み出してきました。まずは島の特製料理チリクラブを地元の人気チェーン店Jumbo Seafoodでお試しください。肉の詰まったカニと非常にスパイシーなソースが特徴です。もう1つのおすすめがブラックペパークラブ。火照った舌を冷ますためには、レモンジェリーかハネデューサゴの冷製が最高のコンビネーションです。

シンガポールの朝食と言えば、カヤ・トーストが定番です。カヤとは卵、ヤシ糖、ココナッツクリームを混ぜた甘いペーストのことで、トーストパンや蒸しパンの上に塗ります。これに砂糖とコンデンスミルクの入ったコーヒーコピがあれば完璧な朝食が整います。街中の至るところにあるコーヒーショップ・チェーンにもありますが、自家製カヤで有名な創業75年のTong Ah Eating Houseにもぜひ行ってみてください。

シンガポールに来たら、ホーカーセンター(屋台が建ち並ぶ屋外施設)を見ずに帰るわけにはいきません。Tiong Bahruマーケットは、ワンタン麺からカモ肉のおかゆ、海南チキンライスまで、見ているだけでお腹いっぱいなる美味しいものが何十件。価格はほとんどが5シンガポールドル未満です。扇風機がまわるローカルな雰囲気でおしゃれ度は高くありませんが、格別の味を堪能できます。

このガイドをシェアする

Top